妊娠中は歯周病になりやすい?|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※【ご一読ください】新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

駐車場26台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

妊娠中は歯周病になりやすい?

投稿日:2023年1月18日

カテゴリ:予防歯科

妊娠するとさまざまな体調の変化が起こりますが、歯周病も気をつけたいその一つです。

妊娠中は、女性ホルモンのバランスや、つわりによるお口のお手入れ不足などから、歯周病が悪化しやすい時期です。

お腹の赤ちゃんを気遣うあまり治療を受けずにいると、どんどん悪化して、結果的に赤ちゃんへ悪影響を与える恐れがあります。

歯周病もむし歯と同じ細菌感染です。赤ちゃんのいる子宮に栄養を運ぶために、妊娠中のお母さんから多く血液が流れてきます。妊娠中のお母さんに歯周病菌があると胎盤に歯周病菌が付着します。

その結果、赤ちゃんに歯周病を感染させてしまうリスクや早産、低出生体重児のリスクも高くなります。 安定期であれば歯周病の治療が可能です。進行状態にもよりますが、麻酔を使わずに治療をすることも可能です。痛み止めなどの薬も妊娠中にも服用できるものもありますが、最小限の検査と治療で悪化を防ぐことができます。

お口の中はなかなかご自身で気づかないことがありますので、妊婦歯科健診の受診をおすすめします。

トップへ戻る