矯正歯科・マウスピース矯正|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※ 新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー一時閉鎖のお知らせ

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

矯正歯科・マウスピース矯正

歯並びをきれいに治す矯正治療

矯正治療

歯並びや咬みあわせなど、細部にまでこだわった診断を行い、患者様のご希望に添った治療方法をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

このような症状の方はぜひ一度矯正相談をご活用下さい

審美性にも配慮した目立たない装置での歯列矯正

目立たない歯列矯正

一般的な矯正装置は、金属製のブラケット(留め具)とワイヤーを歯の表面に取り付けて行うため、見た目が悪いと言う理由から、矯正治療を躊躇する方も多数いらっしゃいます。当院では、そのような方にも、見た目や周囲を気にせずに、快適な矯正を行って頂けるように、審美性の高い矯正装置での治療をおすすめしております。

目立たない・取り外せるマウスピース型矯正装置インビザライン

インビザラインインビザラインは、世界中で多くの方が行っている、アメリカ生まれのマウスピース型矯正装置です。マウスピースを装着して、少しずつ理想の歯列に歯を移動させて行きます。

装置が透明なため、審美性が高く、近くで見てもほとんど気付かれる事はありません。さらに、金属なども一切使用していないため、ケガやアレルギーの心配もなく安心して使用して頂けます。

マウスピース型矯正装置インビザラインの特徴

目立ちにくい

目立ちにくい

マウスピースの素材は透明なポリウレタン製のため、装着時もほとんど目立ちません。

取り外しができる

取り外しができる

マウスピースはご自分で簡単に取りはずしできるため、歯磨きや食事もストレスなく行っていただけます。

違和感や痛みが少ない

違和感や痛みが少ない

マウスピースは薄型ですので、装着時の違和感が少ないです。また、少しずつ歯を動かすため、痛みも感じにくい設計となっています。

金属アレルギーでもOK

金属アレルギーでもOK

マウスピースはポリウレタン製で、金属を一切使用していません。金属アレルギーの方も安心して治療いただけます。

通院回数が少ない

通院回数が少ない

インビザラインは、1~2週間を目安に患者さまご自身でマウスピースを交換していただくため、通院回数も少なくなります。

歯の動きを3Dで確認可能

専用のソフトを使用し、最終的な歯並びなどを確認することができるため、治療へのモチベーションを高めることができます。

マウスピース型矯正装置で歯列改善を行う際の注意点について

咬みあわせの治療も行っています

咬みあわせ治療

私達のお口は、さまざまな部位が連動しながら、咀嚼や会話などを行っています。そのため、咬み合わせに異常があった場合には、お口だけに限らず、顎や全身の骨、筋肉などにも悪影響があるため注意が必要です。理由の分からない頭痛や、肩こりなど、実は咬みあわせが原因かもしれません。当院では患者様の全身の健康も視野にいれ、咬みあわせの治療にも力を入れて取り組んでいます。

顎関節症について

顎関節症は、咬みあわせ不良などが原因で顎の周辺組織(顎関節・神経など)のバランスが乱れる事で起こる症状です。生涯を通して2人に1人が顎関節症になると言われるほど、身近な症状で、あくびをする時に音がなったり、咀嚼時にこめかみ付近に痛みがあるなど、日常生活において支障をきたす症状です。少しでも、顎の関節に違和感を感じた場合には、早めの診断をおすすめ致します。

咬みあわせ不良や顎関節症にみられる症状

  • 口を開けたり、閉めたりする時に顎骨がカクンと鳴る
  • 口を開ける時に、こめかみの辺りに痛みがある
  • あくびや食事など、口を大きく開ける事が難しい
  • 補綴物(つめ物・かぶせ物)や自身の歯が頻繁に欠けたり、割れたりする
  • 歯のすり減りが目立つ
  • 咀嚼時に顎に痛みを伴う

咬みあわせ不良・顎関節症治療の流れ

①スプリント(マウスピース)

スプリント

咬みあわせ治療に必要なマウスピース(スプリント)の歯型を採り、作製いたします。完成しましたらスプリントを就寝時に装着して、咬み合わせの正常化を行います。月に1度ご来院頂き、スプリントの調整をします。

②補綴・矯正治療に切り替え

補綴・矯正

スプリント治療で、噛む力がしっかり均一化されましたら、詰め物や被せ物、矯正装置などに切り替えて、スプリントなしで安定するように、最終的な咬みあわせ治療を行い、改善していきます。

矯正治療・咬みあわせ治療で使用する機器

セファロレントゲン

セファロレントゲン

顎から頭部までの骨格が確認出来る頭部X線規格写真(セファログラム)が撮影可能なレントゲン機器です。規格が一定のため治療前後の比較が行いやすく、成長期のお子様に関しては、成長状態の把握や成長の予測に役立てる事ができるため、矯正・咬みあわせの治療では必須の機器となります。

咬合器

咬合器

歯型を装着して、顎の運動を再現する事ができる機器です。顎の動きや、咬みあわせが3次元的に確認が行え、多角的な診断が可能になります。さらに、模型を使って分かりやすく説明する事で、患者様も矯正や咬み合わせの理解が深まります。

歯科用CT

歯科用CT

顎などのズレが大きい場合は、歯科用CTを使用して顎顔面形態を立体的な画像で確認します。また、歯茎や骨に埋もれている歯などの確認も行ない、出来るだけ負担なく治療が行えるように努めています。

新潟県長岡市で歯並びや咬みあわせの治療をご希望の方へ

歯並びや咬みあわせの治療

新潟県長岡市で歯並びや咬みあわせ(顎関節症)治療が行える歯医者をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。あおば歯科クリニックでは、歯列のみならず、咬み合わせの正常化を行います。費用や治療期間をはじめ、様々なお悩みをお持ちの方は当院の矯正相談をご利用下さい。

トップへ戻る