抜かない・削らない治療|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

抜かない・削らない治療

健康な歯質の保存を考えた「極力抜かない・削らない」治療

極力抜かない・削らない

あおば歯科クリニックでは天然歯を維持する事にこだわり、極力「抜かない・削らない」低侵襲治療を基盤に、歯質の保存に努めております。健康な歯に出来るだけ手を加えないよう当院が実施するこだわりの対策をご紹介致します。

あおば歯科クリニックが実施する極力「削らない」8つの対策

患者様の健康な歯の残存を考え、当院が実施する「極力削らない8つの対策」をご説明いたします。

マイクロスコープ・拡大鏡の使用

マイクロスコープ・拡大鏡

マイクロスコープや拡大鏡を使用して、治療視野を拡大する事で、出来るだけ健康な歯質を削ることなく、的確な虫歯菌感染部の除去が行えます。また、見落としがちな虫歯の発見にも効果を発揮します。

虫歯検知液で感染部だけを着色

虫歯検知液

虫歯菌の感染部位に着色する虫歯検知液を歯に塗布することで、虫歯と健康な歯質を分かりやすく判別します。虫歯部分のみをピンポイントに削る事が可能になり、健康な歯質を少しでも多く残す事ができます。さらに、細部の虫歯を見落とすリスクも軽減できます。

ADゲル

初期段階の虫歯に対しては、殺菌性の高い成分で構成されたADゲルを患部に塗布します。化学的に虫歯の不活性化が出来るため、削る処置を最小限に抑える事が出来ます。

エキスカで丁寧な除去

エキスカ

虫歯感染部は歯質が軟化するため、ドリルで全ての処置を行うと削り過ぎてしまう事があります。当院では、エキスカと言う耳かきのような器具で最終的な切削を行い、健康な歯を少しでも多く残すよう努めております。

3mixMP法によって削らず歯を守る

3mix

3種類の抗菌剤を混ぜた3MIXを虫歯患部に塗布する事で、虫歯菌を殺菌します。化学的なアプローチによって、削る処置を最小限に抑えた治療が可能となります。

ドッグスベストセメントの活用

ドッグスベストセメント

ドッグスベストセメントと言う薬剤の高ミネラル成分によって、虫歯を不活性化する方法です。薬をつめて虫歯を殺菌するため、削る量を最小限に留める事ができます。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

歯面の奥に存在する虫歯や、小さくて肉眼では見落としがちな初期虫歯など早期治療のために、レーザー照射によって発見が可能なダイアグノデントと言う機器を使用します。ダイアグノデントによって、早期発見することができるため、削る範囲を最小限にできます。

徹底予防で健康な歯をキープ

徹底予防

虫歯や歯周病などの病気にならなければ、削る治療や痛みを伴う処置も必要がありません。正しいセルフケアと定期検診で予防を徹底し、歯の健康を維持して頂けるように、定期検診や予防歯科の受診を推奨しております。

あおば歯科クリニックが実施する極力「抜かない」9つの対策

あおば歯科クリニックでは、患者様の天然歯の保存にこだわり、極力抜かない治療を心がけています。現在はインプラントをはじめ、入れ歯やブリッジなど、歯の機能を補うための方法はいくつか存在しますが、どの治療も天然歯には及びません。そのため可能な限り天然歯で生活して頂けるように、当院では様々な抜歯回避対策を実施しております。

マイクロスコープ使用の精密根管治療

マイクロスコープ

虫歯が進行して歯の神経にまで達した場合には、悪化すると最終的に抜歯となるため、歯の根っこの感染物質を除去する根管治療(歯の神経の治療)を実施します。当院では根管治療の際に、マイクロスコープを用いて、暗くて、狭い根管内の処置精度を上げ、再発リスク、抜歯リスクを抑えた精密治療に努めております。

ラバーダムで無菌化の徹底

ラバーダム

ラバーダムとは、治療をする歯のみを口腔内環境から隔離する事ができるシートです。根管治療の成功は根管内の無菌化にかかっていますので、細菌だらけの唾液が根管内に侵入しないように、ラバーダムで隔離して治療を行っています。

歯根端切除術・意図的再植術にも対応

歯根端切除術・再植術

歯の根っこの先に膿が溜まる「根尖病変」や、歯の根にひびや割れが生じる「歯根破折」は、通常の根管治療では改善が困難なため、抜歯と診断される事が多い症例です。当院では、このような症例に対して、根管の先端に位置する病変を切除する「歯根端切除術」や、折れた歯を意図的に抜歯し、修復して元の場所に戻す「意図的再植術」などを行い、抜歯の回避に取り組んでおります。

MTAセメントで抜髄防止

MTAセメント通常神経を抜くような状態にまで虫歯が進行してしまった場合にも、MTAセメントを使用してできるだけ神経を保存するように努めています。感染部位を殺菌力のあるMTAセメントで覆う事によって、虫歯菌を不活性化し神経を抜かずに症状を改善できる可能性があります。※感染状態にもよりますが、保存できる可能性がある場合には実施しています。

エクストルージョン法の実施

エクストルージョン法

度重なる虫歯治療で歯肉の下にしか歯が残っていない場合には、かぶせ物との安定が望めないため一般的には抜歯となります。そのため、当院ではエクストルージョン法と言う矯正処置で、歯肉の下に残存する歯を引き上げ、かぶせ物と長期安定が出来る土台の歯を確保する事により、天然歯の維持に努めています。

親知らずなどの移植で歯牙の再利用

親知らずなどの移植

親知らずなどが正常に生えている場合には、歯を失った時の修復方法として、インプラントや入れ歯などの治療よりも、歯牙移植を推奨しています。自分の歯ですので馴染みもよく、人工物にはない歯根膜が存在する事によって、今までと変わらぬ感覚で生活して頂けます。

抜歯原因ナンバー1の歯周病への対策

拡大視野で精密治療

拡大視野

マイクロスコープを使用して拡大視野の下、精度の高い歯石除去を実施。歯周ポケットの深い部分に付着した歯石に対しても、取り残しのない正確な処置が可能です。さらに、本来、外科的処置が必要な重度の歯周病に対しても、マイクロスコープを使用する事によって、歯肉を切らずに歯石の除去が行えるケースが増え、負担を抑えた治療が可能となります。

薬で治す歯周内科

歯周内科

位相差顕微鏡で、歯周病の原因菌(細菌・カビなど)を特定し、その菌に対して有効な内服薬と殺菌効果のある歯磨きによって症状の改善を行う治療法です。歯石の除去や歯のクリーニングと併用する事で、高い改善効果が期待できます。

骨吸収が進んだ歯には歯周再生療法

歯周再生療法歯周病が進行すると、やがて歯を支える骨や周辺組織を破壊します。支えを失った歯はグラつき、やがて抜歯をする事となります。

当院では、エムドゲインによる歯周再生療法で、破壊された骨や周辺組織の再生を行う事で、歯をもう一度安定させる事が可能となります。

歯科治療で極力「抜かない・削らない」処置をご希望の方へ

抜かない・削らない

あおば歯科クリニックでは、このようなに様々な対策を実施しながら、患者様の健康な歯を可能な限り保存できるよう心がけております。新潟県長岡市で、天然歯の保存にこだわった歯科医院をお探しの方はぜひ、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る