スタッフ紹介|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

スタッフ紹介

院長 村松 瑞人

村松 瑞人

新潟県長岡市のあおば歯科クリニックホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 「お口の健康」と「全身の健康」「お口の健康を回復すること」、「お口の健康を保つこと」は、美味しく食事をするためにも、適切に栄養を摂取するためにも、コミュニケーションを取るためにも、とても大切です。

院長

そして「お口の健康を維持すること」は、全身の健康維持に良い影響を与えることが明らかにされています。 「お口の健康を維持すること」は、これから支払うことになる全身に関する医療費を抑えることも明らかにされています。

地域のみなさまの「お口の健康回復」と「お口の健康維持」そして「全身の健康維持」のための存在でありたい、私達「あおば歯科クリニック」は、そう願っています。「歯や歯ぐきの調子が悪くなったら、歯医者に行く」これは、とても自然な考え方だと思います。

院長 患者様にとって、「歯や歯ぐきの調子が悪くなった時」というのは、
・ 違和感がある。
・ 詰め物が取れた。冠が外れた。
・ 痛い。
・ 腫れた。
・ 出血する。
・ 歯がグラグラする。
・ 義歯が合わない・痛い。などが多いようです。

実際には、突然「歯や歯ぐきの調子が悪くなる」こともありますが、違和感や痛みなどが生じる前から、すでに「問題が起きている」ことが多いようです。もし、違和感があれば早めの受診をお勧めします。またしばらく様子を見ていて、症状が消えても問題が隠れているだけの可能性が高いので、症状が消えても詳しく調べて、原因を共有し、治療を始めることも検討しましょう。

「世の中が変われば、歯科も変わる」世の中が著しいスピードで変化しています。歯科治療も変化しています。その考え方、治療方法、歯科材料、歯科治療の器具なども変化、進歩しています。歯科の新しい機械や道具としては、「CT」「マイクロスコープ」「CAD/CAMによるセラミック材料等の即日修復(セレック)」などがあります。あおば歯科クリニックでは、これらの新しい機械を使った治療方法を積極的に導入して、時代の変化に合った治療方法をご提供したいと考えております。

院長

また、少し前までは、歯医者に行くのは、「痛い時」、「気になる症状がある時」でしたが、昨今では歯医者に行くのは「予防するため」「悪くならないように、歯科衛生士のメンテナンスを受けるため」というお考えの患者様が増えてきました。とても素晴らしいお考えだと思います。

予防やメンテナンスを担当するのは、「歯科衛生士」という国家資格を持つ専門職です。来院ごとに、悪くなっているところはないかの確認、毎日の歯みがきでは、落とすことができない汚れの除去や細菌の塊である「バイオフィルム」の除去を行なう「むし歯と歯周病の予防」、フッ素によるむし歯予防などを行なっています。これらを生涯継続することが、「お口の健康を維持する」最も大切なことと考えられています。

あおば歯科クリニックでは、予防・メンテナンスに特に力を注ぎ、お口の健康維持にお役に立てるよう努めています。あおば歯科クリニックをどうぞよろしくお願い申し上げます。

略歴

所属・資格

歯科医師 那須 真樹子

那須 真樹子健康で充実した毎日を送るために、美味しく楽しく食事ができることは大切なことと考えます。いつまでもご自身の歯で咬めるように、少しでも多くのご自身の歯を残せるようにお手伝いさせて頂きたいという思いで日々診療にあたっています。

生命を維持するためにとる食事が最初に通るところが口です。歯科医院は痛くなってから行くという意識から、自分の健康のために行くという意識を持っていただき、お口の中に関心を持っていただけたら嬉しく思います。

お口の中のちょっとしたことでも気になることがあればご相談ください。患者様に納得して治療を受けて頂けるよう丁寧な説明、治療を心がけています。

略歴

歯科医師 堅田 勉

堅田 勉総合診療担当の堅田 勉です。虫歯から歯周病、入れ歯、顎関節症、歯並び、在宅診療など我々の仕事は多岐にわたっていますが、いずれも口腔領域の専門家であることには変わりありません。口腔は人間が食物を摂取する際の最初の消化器官であり、毎日使うものです。“おいしく食べる”には健口でなくてはなりません。この健口を維持するサポートをさせていただくのが、我々、歯科医師の仕事と考えます。

私はラーメンの食べ歩きを趣味としております。大切なのは店のご主人の渾身の一杯を味わい尽くすことであり、味はさることながら、香り、歯ごたえ、のど越しなどあらゆる口腔器官の感覚を駆使して楽しんでおります。ラーメンに限らず、“おいしく食べる”のは人の自然の欲求です。しかし歯がなければ食べられません。おいしい食事もおいしくなくなります。たのしみがなくなってしまうのです。

そうならないように「痛くなってから」ではなく、「痛くなる前に」お気軽にご来院できればと思っております。また、私の専門は主に放射線を使った診断で、大学病院では放射線科勤務でした。口腔内の病変の診断、口腔内に発生した悪性腫瘍の放射線治療を専攻していたため、数多くの症例を経験してきました。希なケースでも決して見逃さない・手遅れにさせないを信条に皆さま方とお付き合いさせていただく所存です。

略歴

歯科医師 小川 美奈未

小川美奈未なぜか、幼い頃から歯医者に縁がありました。小学生の頃、階段から転落し上の前歯を2本折り治療。歯並びが悪く矯正治療。今思えばその時の経験が「常に患者さんに寄り添い、気持ちを共有する」という今の歯科医師人生の基盤となっているのだと思います。

歯科医師国家試験に合格し、親族に歯科関係者もおらず右も左もわからない中で、無我夢中で勉強し診療を行ってきました。その中で、常に私の頭の中にあったのは「自分が患者さんだったら担当してほしい歯科医師、になれているかどうか」ということです。私も含めて、誰でも歯医者に行くのは憂鬱なことだと思います。

でも、私達が相談に乗らせていただいたり、しっかりと説明・治療をさせていただいたりすることで、少しでも来院することが楽しみになるように努めています。また、私事ですが2017年に第一子を出産し、仕事と家庭生活を両立するべく奮闘中です。

そんな中で、女性のライフステージについても考えさせられることが多くなりました。どんな患者さんにも寄り添いたいという気持ちはもちろんですが、特に女性の患者さんには共感できる部分も多いと思います。どんな些細なことでも、気軽に相談していただけましたら嬉しいです。

略歴

歯科医師 大久保 雅基(非常勤)/日本口腔外科学会専門医

大久保 雅基口腔外科担当の大久保雅基です。普段は十日町市で開業歯科医をしていますが、院長とご縁がありまして、平成27年4月から毎週水曜日にあおば歯科クリニックで治療をさせていただいております。

歯科治療は外科処置を行うことが多く、そのための専門家として口腔外科医がいます。口腔外科は専門医制度があり、専門医の資格は大学病院や総合病院の口腔外科に所属し、数多の手術症例を経験し、論文を書き、そして厳しい試験(実技試験もあります)をクリアしないと得ることができません。

私はこの資格を持っておりますので、口腔外科疾患についてのご相談は何でも可能です。このうち治療が必要な方で、外来通院で治療が可能な疾患は当院で治療が可能です。入院や精密検査が必要な方は総合病院の口腔外科をご紹介させていただきます。親知らずの抜歯というと怖いイメージもありますが、できるだけ苦痛の少ないように行いますので、まずはご相談ください。

【得意な治療】
・親知らずなどの難しい抜歯:歯科CTで精査し抜歯をします。
・なかなか生えてこない永久歯の治療:当院矯正歯科担当歯科医師と治療を行ないます。
・外科的歯内療法:通常の根管治療で治らない場合、外科的に解決します。
・インプラント
・歯周外科手術:歯周病だけでなく、重度の虫歯にも適応できます。

略歴

所属・資格

歯科医師 山崎 裕太(非常勤)

山崎 裕太非常勤歯科医師の山崎です。普段は新潟大学医歯学総合病院で勤務し、週1回あおば歯科で診療に携わらせていただいております。

大学では顎関節症を専門に、一般歯科・インプラント治療も行っています。歯科医になってまだ経験が浅く、日々学ぶことが多いです。

さて,私が最も重要と考えることは、「しっかり噛めること」です。しっかり噛むためには自分の歯を守る必要があります。歯周病・虫歯に対する予防処置・早期発見・早期治療が大事ですが、さらに近年では無意識の食いしばりから、力に負けて歯が割れてしまい、歯を失ってしまう方が増えています。

生活習慣の見直しだけで対応できるので、そのような生活習慣にも気配りしながら、日々診療を行いたいと考えています。残念ながら歯を失った場合も、数多くの治療法の中から最善の治療を選択し、最終的には患者の皆様に「しっかり噛める」状況を作るお手伝いが出来れば幸いです。

略歴

所属・資格

研修歴

学会発表・講演

歯科医師 羽賀 健太(非常勤)

羽賀 健太非常勤歯科医としてあおば歯科で勤務しています羽賀健太です。普段の大学病院では、口腔外科を専門に診療に従事する一方で、大学で日々研究を行っています。

私があおば歯科で勤務して感じたことは患者さんへの説明をとても丁寧に行っていることです。インフォームド・コンセント:「十分な情報を得た(伝えられた)上での合意」という言葉が一般的になっていますが、患者さんにとって今後の治療の流れや自分の現状について十分イメージするのは実際には難しい場合もあると思います。

あおば歯科の説明に対する取り組みは非常に重点を置いていると感じられるため、治療の流れや方針についてもしも不安なことや不明な点などがございましたら是非ともご相談ください。皆様のお口の健康増進に向けて努めたいと思っております。よろしくお願いいたします。

略歴

所属・資格

歯科医師 井田 貴子(非常勤)

井田 貴子大学入学を機に平成18年より新潟での生活が始まりました。環境の違いなど慣れないことが多く不安な気持ちでいっぱいでしたが、いざ大学生活が始まるとひたすら勉学に勤しむ日々で、あっという間の学生時代だったように記憶しています。

歯学部卒業後、学生の頃から興味があった補綴科(被せ物や入れ歯を専門にする科)の医局に入局し、大学院生として4年間過ごしました。大学院時代は臨床と研究の両立を目指して日夜奮闘しました。

その後、現在まで臨床と研究の両立は続いております。あおば歯科クリニックには2018年8月から勤務させて頂いております。当院の診療理念“すべての方々に良心を、すべての方々に信頼を、すべての方々に満足を”を常に念頭に置いて診療するように心がけております。これからも患者様に寄り添った治療を目指して日々精進していく所存です。よろしくお願い致します。

略歴

所属・資格

学会発表・講演

受賞歴

歯科医師 鈴木 絢子(非常勤)

鈴木 絢子普段の大学病院では、小児・障がい者を専門に歯科治療を行っております。私が診療を行うにあたり、心がけていることは下記の3点です。

1、高い専門性
2、保護者、お子様への十分な説明
3、お子様の将来を見据えた治療
まずは、適切な診査・診断を行い、必要があれば小児歯科専門の治療を行いましょう。そして、元気な永久歯が生え揃うまでは予防を徹底していきましょう。

もちろん、虫歯だけでなく、歯肉炎や生え替わりの状態、骨格形成、食事指導など、小児に関わること全般を担当しております。お子様の個性や家庭環境を考慮し、今悪くなっているところだけ治すのではなく、将来のお口の状態を予測し、それに対する最善の治療をご提案しております。そして、保護者だけでなく、お子様の目線に合わせた説明や対応を心がけ、安心・納得していただきながら治療を進めております。

みなさんに、“歯医者さんは元気に健康になれる場所”と感じていただけるよう、一緒に楽しみながら治療を行っていきましょう。また、障がいや発達障害をお持ちの患者様も診ておりますので、お困りの方や不安を感じている方も遠慮無くご相談頂ければと思います。

略歴

所属・資格

学会発表・講演

歯科医師 黒川 孝一(非常勤)

黒川 孝一これまでの様々な経験を生かし、非常勤歯科医師として地域の皆様のお役に立てるよう努力して参ります。

略歴

所属・資格

トップへ戻る