こどもの歯ぎしりの原因は?|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※ 新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー一時閉鎖のお知らせ

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

こどもの歯ぎしりの原因は?

投稿日:2020年8月28日

カテゴリ:小児歯科

子供の歯ぎしりは、歯がはえ始める生後6ヶ月ころから始まり、中学生くらいまで続くこともあります。
歯ぎしりには、良くないイメージがあり、不安になるかもしれませんが、大人のようにストレスなどの心因的原因はなく、歯のかみ合わせを調整するための生理現象といわれています。

とはいえ、何のために歯ぎしりをするのか、気になりますよね。

歯ぎしりの原因として、

①歯がはえ始めたことでおこる、かゆみを解消するため。
(歯がはえ始めると口の中がむずむずするので、それを解消するため自然と歯ぎしりしてしまいます)

②歯や、あごの位置を調整するため。
(歯ぎしりをすることで、本能的にはえてくる歯やあごの位置を正しい場所に移動させています)

③あごの筋肉をきたえるため。
(歯ぎしりをすることで、あごの力を強くしています)

基本的に子供の歯ぎしりは、治療対象になることはほとんどありませんが、歯がすり減ったり、場合によっては歯が欠けたりすることがあります。定期的な検診でチェックしていきましょう。

トップへ戻る