歯にいい食べ物|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※【ご一読ください】新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

駐車場22台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

歯にいい食べ物

投稿日:2022年10月29日

カテゴリ:スタッフブログ

虫歯になりやすい食べ物、飲み物といえば、すぐに思い浮かぶのが甘いお菓子や炭酸飲料だと思います。

糖分を多く含むケーキ、アイスクリーム、チョコレート、キャンディなどは砂糖を多く含むだけでなく、歯にくっつきやすく、お口の中に長く残ったままになりやすい食品です。

砂糖やブドウ糖などの糖類は、歯の表面のエナメル質を溶かしやすくするため、歯にとって良くありません。

歯にいい食べ物は大きく分けて、歯を強くしてくれるもの、歯の汚れを落としてくれるものがあります。

歯を強くしてくれる食品には、カルシウム、タンパク質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンDを含む食品が挙げられます。

カルシウム:牛乳・乳製品、小魚など

タンパク質:魚、肉、卵、牛乳・乳製品など

ビタミンA:レバー、卵、緑黄色野菜など

ビタミンC:野菜類、果物類、いも類など

ビタミンD:魚介類、きのこ類など

歯の汚れを落としてくれる食品は、ごぼう、にんじん、キャベツ、レタス、セロリなど食物繊維が多く糖質や油分を含まない食品です。噛む事で食品に含まれている繊維質によって、歯や口腔粘膜の表面が清掃されます。

歯に良い食べものを摂っているからといって、虫歯や歯周病にならないわけではありません。

食事やおやつを取った後は、しっかり歯磨きをすることが大切です。

トップへ戻る