口の中の汚れとして「歯垢」「バイオフィルム」という言葉を聞いたことはありますか?|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※【ご一読ください】新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

駐車場22台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

口の中の汚れとして「歯垢」「バイオフィルム」という言葉を聞いたことはありますか?

投稿日:2022年8月27日

カテゴリ:予防歯科 歯周病

「歯垢」とは、食後8時間程度でできる微生物の塊のことです。食べかすが細菌の栄養源となるために、食後に発生します。

歯垢が口腔内に長時間留まって膜のようになったものが「バイオフィルム」です。歯垢は食後の歯みがきで取り除くことができますが、膜のようになって歯に付着しているバイオフィルムの状態になると、歯科での専門的なクリーニングでないと取り除くのが難しくなります。

お口の健康を維持するためには、セルフケアとプロフェッショナルケアの両方を上手に取り入れましょう。「口腔ケア」には、自分で毎日行うセルフケアと、歯科医師や歯科衛生士などの専門家が行うプロフェッショナルケア(専門的口腔ケア)があります。

毎日の口腔ケアで歯垢をきれいに取り除いて、汚れを残さないことが大切です。

当院でも口腔ケア用品を取り揃えておりますので、お気軽にお声掛けください。

トップへ戻る