ドライマウス|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

ドライマウス

投稿日:2019年11月2日

カテゴリ:スタッフブログ

最近、若い世代にも増えてきているお口の中が乾燥して唾液の働きが低下してしまう口腔乾燥症(ドライマウス)についてお話したいと思います。

  現代人に急増中なのです!

唾液は1日に1リットルから1.5リットルくらい分泌されていると言われています。

唾液の働きとしては歯ぐきや粘膜を保護して傷から守る潤滑作用や消化作用、抗菌作用

洗浄作用、お口の中のpHを正常に保って歯が溶けるのを防ぐ緩衝作用など虫歯や歯周病から歯を守る働きが沢山あります。

もし、唾液の量が減るとお口の乾燥感やネバ付き、話しづらさ、食べ物が飲み込みづらいなどと感じたら口腔乾燥症のサインです。

このように唾液が減少すると様々な作用が弱まり味覚障害や免疫力の低下、口臭が強くなったり、誤嚥性肺炎の原因になったり、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

一度、歯科医への受診をお勧め致します。

口腔乾燥症のサイン

 お口の中がネバネバする

 話しづらい

 食べ物がつまりやすい

 水をよく飲む

 口唇 口角が切れやすい

 口内炎ができる

 舌がヒリヒリする 

 口臭がある

などこの中の1つでも当てはまればね口腔乾燥症の可能性があります。

原因としては加齢、噛む回数の減少、口呼吸

ストレス、薬の副作用、糖尿病、シェーグレン症候群などの病気が原因の場合もあります。

これらを予防するには保湿剤の使用や唾液腺のマッサージが効果的です。また、食事の時よく噛むようにするなど生活の中でちょっとした工夫をするだけでも口腔乾燥症の改善につながると思います。

まずはいつでもどこでも行え、即効性がある

唾液腺マッサージを是非、習慣化してみてはどうでしょうか。

唾液腺マッサージ方法

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る