むし歯になりやすい6歳臼歯|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※ 新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー一時閉鎖のお知らせ

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

むし歯になりやすい6歳臼歯

投稿日:2020年7月10日

カテゴリ:歯科治療全般 予防歯科

6歳臼歯といって6歳頃になると、乳歯のうしろに、永久歯がはえてきます。これを第一大臼歯といいます。この歯は歯ならびや、かみ合わせの基本となる、かむ力が大きな歯です。はえてくるとき、歯ぐきが腫れ、痛みがでることがあります。そしてこの歯こそが、むし歯になりやすいのです。

なぜむし歯になりやすいのか?

①完全にはえるまでに時間がかかるので、歯ぐきがかぶさっている間に、歯ブラシが届きづらく汚れがたまりやすい。

②かむ面の溝が深くて複雑なので、汚れがたまりやすい。

③はえたての歯は、抵抗力が弱く、むし歯になりやすい。

④甘いお菓子をとる機会や間食も多くなってくる。

6歳臼歯は歯ブラシが当たりにくく、お子様だけでは充分に磨きにくい歯です。歯が生えてきても、保護者の方も気づかなかったり、磨きづらい位置にあるため、磨けなかったりします。
これからずっと使っていく永久歯を守るためにも一番大事な時期です。

そこで、6歳臼歯が生えたら・・・

①フッ素を塗って、歯の質を丈夫にする。

②必要があれば、予防のために歯の溝にシーラントという詰め物を入れて、むし歯になりにくくする。

という予防もできます。

小さい頃からの歯を大切にする習慣は、お子様の将来への健康につながります。

当院でも定期検診で、磨き方のアドバイスや、フッ素塗布などを行っています。
何かありましたら、おたずねください。

トップへ戻る