「食べられる」入れ歯|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※ 新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー一時閉鎖のお知らせ

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

「食べられる」入れ歯

投稿日:2020年7月29日

カテゴリ:入れ歯

皆さんは「入れ歯」にどんなイメージを持ちますか?

実際に入れ歯を使っている方からは
「何でも食べられる。」
「すぐはずれるし、痛くて使えない。」
と、人によっていろいろな感想を耳にします。
もちろん残っている歯の状態など口の中の状況はみなさん違うため、もともと入れ歯を使うのに有利な人とそうでない人がいます。
その中で「食べられる」ようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

入れ歯はあくまでも「道具」であると、よく言われます。


入れ歯は、どんなに良い入れ歯でも自分の歯ではないですし、入れ歯を作って治療終了!ではありません。
入れ歯を入れた後は何度も調整が必要で、入れ歯という「道具」を使いこなせるように、患者さん自身の練習も大切になってきます。

クリニックで調整を行ったら、家でぜひお使いになってみて下さい。実際に食事をしてみないと分からないことも、たくさんあります。そして、使ってみてどうだったか次に来院した時に教えていただけるとありがたいです。それを繰り返すことで「食べられる」入れ歯を一緒に目指しましょう。

また、一度使えるようになっても、お口の中の状況は日々変わるため、メインテナンスが大切になります。ぜひ、定期的にクリニックを受診して下さい。

入れ歯に限らず、少しでも皆さんが楽しく食事をするお手伝いができれば幸いです。

トップへ戻る