歯周病と糖尿病の関係|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

※ 新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー一時閉鎖のお知らせ

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

歯周病と糖尿病の関係

投稿日:2020年2月24日

カテゴリ:歯周病

当院のホームページでも触れていますが、

歯周病と糖尿病に関連があることはご存知でしょうか?

糖尿病が歯周病に与える影響

・高血糖による体の防御力の低下によって細菌感染が起こりやすくなるため、歯周病になりやすい

・血管壁が弱くなる、傷が治りにくくなることで、歯周病が進行しやすい

歯周病が糖尿病に与える影響

・歯肉の炎症性物質がインスリンの働きを邪魔することで、血糖コントロールが難しくなり糖尿病を悪化させる

また、糖尿病患者の多くが進行した歯周疾患に罹患しており、これによって残存歯数が少なくなりその残存歯にも動揺がみられるなど咀嚼にも影響を与えています。血糖コントロールが不良なほど、また糖尿病の罹病期間が長いほど、歯周病の進行度が大きいとされます。

このように2つの病気の相互作用により

どちらも悪化していってしまう可能性が高いのです。

これは歯周病を治療することで糖尿病の改善を図ることができる、とも考えられます。

お口は健康の入口です。

もし糖尿病と診断された場合は、歯科でも相談してみて下さい。

トップへ戻る