生えた時から歯の色が違う?~エナメル質形成不全~|新潟県長岡市の歯医者|あおば歯科クリニック

駐車場15台完備

マイクロスコープ精密治療

天然歯の保存にこだわった治療

初診ネット予約受付

完全予約制急患対応可(ご来院前にお電話ください)

0120-31-3420

新潟県長岡市希望が丘1-7-1

生えた時から歯の色が違う?~エナメル質形成不全~

投稿日:2020年3月24日

カテゴリ:スタッフブログ

今日はエナメル質形成不全とよばれる、色の違う歯のお話です。
お子さんの歯を見ていて、あれ?歯の色がおかしい?と思われたことはありませんか?


エナメル質形成不全とは、エナメル質が上手く作られず、弱い状態で、白・黄・茶などの変色が認められたり、歯の形がいびつだったりする歯です。
乳歯にも永久歯にもみられ、その部分の歯質は弱いので、虫歯になりやすく、また、進行が早いと言われています。

原因は、遺伝、乳歯の外傷、ビタミンD不足など言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

「仕上げ磨きをしっかりしてるのに、何ですぐ虫歯になるんだろう」とお悩みの方、もしかしたら、それはエナメル質形成不全かもしれません。
どんなにしっかりケアしていても他の歯より、虫歯のリスクは高くなってしまいます。

当医院では、定期的に通院して頂き、クリーニングと、高濃度のフッ素塗布を行っています。

お子さんの歯の色が気になられた時は、ぜひご相談下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る