長岡の歯医者-あおば歯科 長岡市の歯科 あおば歯科クリニック 矯正歯科 小児歯科 審美 顕微鏡 インプラント 定期検診 予防 親知らず 痛くない治療 診断説明 精密根管治療 CT診断
あおば歯科クリニック 長岡市 トップ スタッフ紹介 医院紹介 アクセス 治療ガイド 治療の流れ ブログ リンク
 

当院ではマイクロスコープ(顕微鏡)を使用した診療を行っております
マイクロスコープにより,治療部位が大きく見えることで,より丁寧で確実な診療ができるようになります。

 

マイクロスコープ
マイクロスコープとは
医療に使用する顕微鏡のことです。
2012年の時点で,日本の歯科医院の5%ほどしか普及していないと言われています。

マイクロスコープがなぜ必要?
歯を支える歯根膜という靭帯は、髪の毛(0.08mm
程度)の太さを感じ取れます。そんな敏感なお口の中を治療する際には、
肉眼だけでは難しいことがあります。
そこで、マイクロスコープを使用することによって、
肉眼の約20倍まで拡大してお口の中を確認することができます。
マイクロスコープでなにができるの?
お口の中を拡大することで、肉眼では確認できない部分まで見ることができます。
また、カメラやモニターに接続することで、患者さんへの分かりやすい説明にも役立ちます。

 

このような小さく歯茎に近い虫歯は、鏡を見て頂いても分かり辛いことが ありますが、マイクロスコープで拡大して撮影することによって、患者さんと情報を共有することができます。
また、治療の際にも余分な歯を削ったり、歯茎を傷つけたりするリスクを減らすことができます。


どんな治療に応用できるの?

治療する部位の検査
 エンド(歯の根)の治療
 歯周病(歯槽膿漏)の治療
 インプラントなどの手術        など、日常の診療で使用しています。

私の治療にもマイクロスコープを使ったほうが良いの?
詳しいことは、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。
(C)2008 Aoba Dental Clinic all right reserved.